高速化、低騒音、高剛性など要求される工作機械
リニアガイドウェイ
QRシリーズ(リテーナ入り) W:フランジ H:スクエア L:スクエア低型
シンクモーション
HIWIN独自設計構造のシンクモーションテクノロジーを採用した、静音ローラ型のリニアガイドウェイ。(1) 走り平行度を向上シンクモーション未搭載のリニアガイドウェイは、作動時にローラ保持器がないため連鎖的往復運動が生じることで摩擦力の変動が激しくなります。シンクモーションテクノロジーを採用したQR シリーズは、ローラが負荷を受ける区域に入るときの左右変動現象を防いで、一定の走行運動を保持でき、摩擦抵抗の変動幅が減少します。(2) 低騒音設計シンクモーションテクノロジー採用により、各ボール同士を均等な間隔で配列し、ローラ同士衝突音の発生をカット。従来シリーズより約3デシベル低下。(3) 四方向高負荷容量DB(45°-45°)の組立を採用し、上下左右の負荷を受け止め、超高負荷容量を実現。 負荷が同じ条件では、ボールタイプのリニアガイドウェイよりコンパクトで均等に高負荷を受けます。(4) 四方向超高剛性ローラ、レールとブロックが線接触方式で、ローラが高負荷を受けるときの弾性変形が少なくなります。さらに高速回転時に高精度加工を維持できます。